自分だけの印鑑

イメージ画像

印鑑といえば黒や白のオーソドックスな物を想像する方も多いと思います。
最近は機械生産で大量生産品が出回っていますので、
同じ名字の同僚と全く同じ印鑑だったというケースも少なくありません。
みんなと同じものでは物足りない、自分だけの印鑑が欲しいという方は、
カラー印鑑を持ってみてはいかがでしょうか。

最近では素材は銀行印にすることもできるチタンから透明感あふれるガラス製まで、
用途や予算に合わせて多くの物が用意されているお店が多いようです。
銀行でオシャレな印鑑を使うなんて、ちょっとかっこいいですよね。

今流行の風水に合わせていろいろな色を選ぶことも出来ますし、
中にはマーブル模様やアクセント模様入りのものまであります。
ゼブラ柄やヒョウ柄のようにちょっとワイルドなものから、
透明な素材の中にハートや星のビーズを浮かべたもの、和紙のように豪華絢爛な和風なもの、
ラメをちりばめたり、グラデーションがかったものまで多種多様なものが選べます。
また、銀行口座などを複数持っている場合、万が一の盗難対策やセキュリティーレベルの向上のために、
口座毎に登録印鑑をそれぞれ変えておくのがお勧めですが、
その際、カラー印鑑で各登録印鑑を作っておけば区別がしやすく大変便利です。

書体も数種類の中からオーダー出来るようになっていますので、
個性に合わせた自分だけのこだわりの印鑑を欲しいと思っている方には最適です。
また、身近にこれから新社会人になる若い方がいる場合は、
おそろいのケースと一緒にカラー印鑑をプレゼントされれば喜ばれるのではないでしょうか。

夫婦円満のための印鑑選び
http://www.handdata.com/
印鑑は人柄を表す
http://www.guide-de-peche-torres.com/

このページの先頭へ