何に使う印鑑なのか

印鑑イメージ

デザイン印鑑とひとくちに言っても、種類は様々です。
インターネット販売をしているはんこやさんも数多くあり、それぞれが工夫を凝らしたオリジナル商品を用意していますから迷ってしまいますよね。

ではどうやって自分にぴったりの印鑑を選べば良いのでしょうか。
まず、一番に考えなければいけないのは「何に使う印鑑なのか」ということです。

実印として使う物ならば、間違えがなければそれは一生使う印鑑になるのですから何より機能性と耐久性を考慮に入れるべきです。

また、印鑑登録する際にきちんと受理されるよう印鑑のサイズや印面に不明瞭な部分がないようにしなければなりません。

そして偽造や詐欺に使われる事がないように機械生産の大量生産品は避けた方が良いでしょう。

使用用途が認印だった場合は、実印のような制限はありません。
極端なことをいえば、気に入らなくなったらまた買い換えれば良いのです。

認印を選ぶのならば、とことん自分が気に入ったオシャレ印鑑を探してみてはどうでしょうか。

仕事で使うものと私用で使うものを全く異なるデザインにするのも、見分けが付きやすくて良いと思います。

例えば、仕事で使う印鑑は花模様の美しい柄のもので同僚と差を付けて、使用で使う物はカジュアルでカラフルなデザインのものにする。
おもいきってキャラクターものを使ってみるのも楽しいかもしれません。

また、銀行印も比較的制約はないほうなので、いろいろアレンジがきくんですよ。
インターネットのはんこやさんには手頃な価格の物が多いので、納得するまで色々見てみると良いですよ。

ページの先頭へ