個人の実印

イメージ画像

個人で持つ印鑑の中でも、最も重要なのが実印です。
実印とは本人確認の証明となる印鑑のことで、役所に登録しておく事が必要です。
実印の登録は、簡単に受理することは出来ません。申請の受理には厳密な審査が行われます。
機械生産の既製品や大量生産品は登録することは出来ませんから、専用に1本作る事になります。
これには理由があり、機械で製作された大量生産品はみな作りが同じで、同じメーカーの判子を使えば全く見分けがつかないため、
実印を偽造できないようにする観点から登録できない事になっています。

基本的に実印として登録する場合は、手彫りの判子にするのが原則です。
これは偽造を防止するのが主な目的で、手彫りの判子の場合は一つ一つの文字は似ていても
店や職人の癖などがあるため、実際は一つとして同じ印鑑はないからなのです。
実印の用途としては、主に役所に提出する重要書類などに使われます。

例えば、結婚や離婚の際には実印が必要ですし、財産相続や税収の対象となる不動産、自動車の登録時にも必要です。
また、民間の書類に使用する場合、一番多いのは不動産取引や正式な借用書に押される事です。
このように、重要な場面での使用が多いので、実印を作る際には他の判子との併用は避けるようにしましょう。
学生や新社会人の方にはまだ実感がわかないかもしれませんが、銀行印や認印と併用すると後々困る事になるからです。
特に財産分与や金銭に関わるトラブルに巻き込まれる可能性が非常に高いので、実印と他の印鑑との併用は絶対に避けましょう。



このページの先頭へ